ゴルフはストレスが溜まる。だってゴルフボールが当たらないんだもん

職場の同じ部署に所属する先輩(3名)にゴルフをやっている方がいて、「やってみない?」と勧められてやってみました。他に2名やってみたいという方がいたので、合計5名で仕事が終わってから職場の近くの打ちっぱなしに行ってやってみました。また、父が昔ゴルフをやっていて、グラフを持っているとの事で、スムーズに始めることが出来ました。

一言でいうと「ストレスが溜まった。」です。私はサッカーをやっていたので、ボールを遠くへ飛ばすにはボールのどの辺りを当てれば遠くへ飛ばすことが出来るのか頭の中では分かっていますが、足と手(グラフ)では全然感覚が違います。初めは空振りや地面を打ってしまうことがしょっちゅうでした。また、先輩の打ち方を見て、真似をしても全然ボールに当たりませんでした。初めは楽しいというかストレスが溜まったということを今でも覚えています。

今は、もうゴルフをしていません。理由として2点あります。1点目は先輩の3名の内2名が退職してしまった事です。その内の1名が積極的に動いてくれていたので、その方が退職してしまい活動する回数が減り、気づいたら自然消滅していました。2点目は、やはり、新型コロナウイルスの影響です。介護の仕事をしているので、施設長から遊びに行くなといわれていますし、入居者様に移ってしまったら大変なことになるので、ゴルフはもちろん、遊びにもいけていません。

私は、ゴルフスクールに通いませんでしたが、初心者がスクールに通うことは賛成です。理由としては、私は、スノボーやボーリングを始めた時は必ずスクールに通うようにしているからです。例えばスノボーでは、木の葉滑りしかできませんでしたが、スクールに通ったら、ターンが出来る様になりました。また、自己流では限界がありますし、スクールに通うことで基礎知識からネットや本に載っていないような情報も得られるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です